本文へスキップ

喜谷實母散本舗は、生薬を原料にした女性薬を製造・販売する会社です。

TEL. 03-3716-2161

〒152-0002 東京都目黒区目黒本町2−5−3

会社概要COMPANY

社名
喜谷實母散本舗 株式会社キタニ
代表者
喜谷和夫
創業
1713年(正徳3年)
設立         
1950年2月15日(昭和25年)
資本金        
3,480万円
事業内容      
医薬品製造販売業
取扱品目
喜谷實母散(煎剤)・ジツボンS(錠剤
主要販売先         
アルフレッサヘルスケア株式会社                株式会社パルタック                      株式会社大木  
主要取引銀行        
みずほ銀行                          城南信用金庫  
本社所在地
〒152-0002                         東京都目黒区目黒本町2−5−3                →アクセス                          TEL. 03-3716-2161                     FAX. 03-3716-2163             

沿革

1713年(正徳3年)
喜谷喜谷市郎右衛門養益が江戸楓河岸(現在の中央区京橋)において、婦人薬「實母散」を個人創業。                その後、江戸時代〜明治時代〜大正時代〜昭和時代・・・へと、喜谷家の代々の当主は10代にわたり「市郎右衛門」を襲名するとともに、同地において「喜谷實母散」を家業として受け継いできました。 特に明治期以降〜昭和期にかけて、「喜谷實母散」は婦人薬の分野ではベストセラーのロングセラー商品として、各ご家庭でお年寄りから若い方まで多くの女性の皆様にご愛用されてきました。
1950年(昭和25年)
東京都中央区槙町において ヒサゴ薬品株式会社 設立。
1951年(昭和26年)
ヒサゴ薬品において 「喜谷實母散」 製造販売開始。
1962年(昭和37年)
「ジツボン」製造販売開始。
1969年(昭和44年)
東京都品川区小山に本社移転。
1987年(昭和62年)
「ジツボンS」製造販売開始。
1995年(平成7年)       
東京都目黒区目黒本町2-5-3(現在地)に本社移転。       社名変更により、株式会社キタニ(現社名)となる。        
2000年(平成12年)
会社設立50周年。
2013年(平成25年)
「喜谷實母散」創業300周年。

バナースペース

株式会社 キタニ

〒152-0002
東京都目黒区目黒本町2−5−3

TEL 03-3716-2161